• トップ
  • 服飾
  • Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag
Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag

Lot No_M13A10 横浜帆布鞄 ×OCEAN UNION Bucket Carry Bag

(70point)

↑ ↓

【OCEAN UNION×横浜帆布】Bucket Carry Bag 

M13A5,A6同様に、森野艦船帆布(ビニロン・キャンバス)の生地は、生地の織糸が解れないので裁断面をそのままの状態で活かし、素材の質感をそのまま伝えられるようなシンプルな形状デザインのトートバッグを企画しました。バッグ本体の内側は、内側まとめの縫製の場合には縫いシロ部分が内側に立ち上がり角が立ちますが、本製品の縫い方は外側まとめの縫製で、一旦前面と後ろ面を縫い合わせた縫いシロ部分を横に寝かせ再度外側からステッチングを入れていますので、真ん中の画像をご覧いただければバッグの内側の面が非常に綺麗な袋面状に仕上がっているのが特長です。

横濱帆布鞄M13A10は、バッグの素材感を伝えるために外側に見えるステッチを極力最小限にするために、内側に吊ポケットを装備しました。ポケットが2つに区分けされ巾約120mmと110mmのサイズの違うポケットにしています。いつも持ち歩くマスト・アイテムをサイズの違うポケットにそれぞれ合わせた定位置を決めて使用できるのも特長の一つです。
バッグの要のハンドルを栃木皮革のベジタブル・タンニングのカラーレザー(植物性タンニンで鞣した天然皮革)の革を使用しています。
革ハンドル幅30mmで肩掛けするのに調度良い53cmの長さにしています。
バッグの口元が閉じれるようにオリジナルフォックが付いています。
また、左側の画像のように吊ポケットでバッグの中身を隠せるようになっています。

詳細説明:WHT, GRYの2色
商品番号:M13A10